電子契約のタイムスタンプの効果と仕組みとは?

テレワーク商品紹介

テレワークの導入やBCP対策などさまざまな理由で、電子契約の導入を検討している企業が増加しています。電子契約にはさまざまなメリットがありますが、紙の契約書に比べ、改ざんがしやすいといったリスクも存在します。そこで重要となるのがタイムスタンプです。今回は電子契約を導入するうえで欠かせないタイムスタンプについて、その仕組み、重要性をお伝えします。

 

タイムスタンプとは


タイムスタンプとは、電子契約を行う際にその契約書がいつ成立したのかを証明するために電子契約書に付与するものです。従来、紙の契約書を使った契約は、契約を結ぶ双方が押印、署名をすることで法的効力が発生します。電子契約でも同じように電子署名、タイムスタンプの付与をし、法的効力を持たせます。そこで、タイムスタンプの説明の前にまずは電子署名がどういったものかについて見ていきましょう。

 

電子署名とは?

電子署名とは、紙の契約書における署名と同様、電子文書が署名者本人により作成されたこと(本人証明)、そして、署名した時点から電子文書が改ざんされていないことを証明するものです。これは、電子署名法第3条により、紙の契約書での署名、押印と同じ法的効力を持つものとして認められています。

ただし、電子署名はそれだけでは署名をしたものが本人であることの証明にはならないため、インターネット上の身分証明書である電子証明書を貼付しなければなりません。

タイムスタンプの役割

タイムスタンプの役割は、タイムスタンプを付与した時刻にその契約書が存在していること(存在証明)、そして、タイムスタンプを付与した時刻以降に、その契約書が改ざんされていないこと(非改ざん証明)を証明するものです。

 

 

 

タイムスタンプの仕組み


次にタイムスタンプがどういった仕組みで存在証明、非改ざん証明を行なっているのかをご説明します。

 

ハッシュ値とは?

タイムスタンプの仕組みを知るうえでハッシュ値とはどういったものかを理解する必要があります。ハッシュ値とは、ある情報を入力することで返ってくる値です。

例えば、Aさんが名前を入力した際に「1」という数字が返ってくる、Bさんが名前を入力した際には「2」という数字が返ってくる。この「1」や「2」がハッシュ値です。ちなみにAさんと入力した際には必ず「1」が、Bさんと入力した際には必ず「2」が返ってきます。この規則性がタイムスタンプにも利用されています。

 

タイムスタンプが付与される流れ

電子契約書では、電子文書のハッシュ値をとり、それをタイムスタンプ局に送ってタイムスタンプを要求します。この際、タイムスタンプ局では、ハッシュ値に正確な時刻情報を付与したタイムスタンプトークンを作成し、要求者にタイムスタンプを発行します。

電子文書に付与されたタイムスタンプが正しいかどうかを調べる際は、電子文書からとったハッシュ値とタイムスタンプ内のハッシュ値を比較します。先述したように、同じものを入力したハッシュ値は必ず同じものを返すため、ハッシュ値が一致すればタイムスタンプが改ざんされたものではないことが証明されます。

 

 

 

電子契約におけるタイムスタンプの必要性とは


電子契約を行う際、電子署名さえあれば法的効力が発生するのではないかと思われる方も多いかもしれません。電子署名が紙の契約書における署名、押印の役割を果たすのであれば、タイムスタンプがなぜ必要かと思われるでしょう。しかし、電子契約書にはタイムスタンプが必ず必要です。その理由は次のとおりです。

 

署名時刻が正しいかどうかを証明するため

電子署名はパソコンを使って行うため、電子署名だけでも、署名を行なった時刻はすぐに調べられます。しかし、その時刻はパソコンで設定された時刻に過ぎず、もしそのパソコンの時刻設定を変えていれば時刻の改ざんは簡単に可能です。

タイムスタンプは、タイムスタンプ局を通して正確な時刻を取得するため、どんなにパソコン上で時刻を改ざんしても、正確な時刻を記録します。これにより、いつその契約書が作成され、成立したのかが間違いなく証明されるのです。

 

 

 

まとめ


テレワークの増加もあり、ペーパーレス化の流れは今後さらに加速していくと予測されます。そうなれば電子署名も今以上に一般的になり、多くの企業で導入されることは間違いありません。

しかし、これまで紙の契約書で契約してきた企業では、電子契約書を正しく理解していないと、改ざんされ大きな損害を被ってしまうリスクも考えられます。そうした意味でも、電子署名、タイムスタンプをしっかりと理解し、改ざんに遭ってしまうリスクを少しでも減らすことが電子契約導入のポイントといえるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA