電子契約の普及率が高まった理由と、その背景とは?

テレワーク商品紹介

紙と比較してさまざまな利点があるといわれている電子契約を導入する企業が増えています。しかし、日本国内で電子契約がどの程度普及しているのか、どういった利点があるのか具体的に分からない方も多いと思います。

そこで今回は電子契約の普及率や普及した背景をご紹介します。電子契約の導入を検討されている方は参考にされてください。

 

電子契約の普及率


最初に電子契約の普及率についてご紹介します。

 

40%以上の企業に普及している

2011年から日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が行なっている「IT活用に関わる調査」によると、電子契約の普及率が2018年時点で40%以上であることが判明しました。

日本は従来の印鑑文化が根強く残っており、電子契約の導入をためらう企業が多いことも事実。しかしながら、現在では電子契約が多くの企業から注目されていて、電子契約を導入する企業が確実に増えているのです。

ちなみに、最も導入数が多かった業種が製造業で、28%を超えています

 

検討中の企業を含めると60%以上

電子契約の導入を検討している企業を含めれば60%以上と、半数を超えます。

ITが発展するとともに、電子契約の需要が高まっていく一方です。そのため、電子契約の導入を前向きに検討している企業が多いので、導入する企業は増えていくことが予想されます。

 

電子契約に対して肯定派も増えてきている

昔ながらの慣習で紙に押印した契約書しか認めない人も多くいます。

電子契約を頑として導入しない企業もありますが、調査結果を見ると電子契約を肯定的にとらえる企業も増えてきています。電子契約に否定的な企業は減少傾向にあります。

電子契約の普及は、今後も着実に増えていくと予測できます。

 

 

電子契約が普及した背景


最後に、電子契約が普及した背景をご紹介します。

 

セキュリティ面

電子契約書はセキュリティ面で安心できることで普及が進みました。

印鑑の代用として電子署名とタイムスタンプを用いることにより、契約書を作成した本人であることが担保されます。第三者の手によってデータを書き換えられるのではといった不安があるかもしれませんが、電子契約書に電子署名と併せてタイムスタンプを使用することにより、これらの不安は解消されます。

 

作業効率化

作業効率化も普及している理由のひとつです。

紙の契約書は作成や印刷、捺印や郵送など長い行程が必要です。作業量が多いと手間も時間もかかります。誤りがあると修正する必要があり、その都度郵送を繰り返すので、正式に契約締結するまで数週間かかる場合も少なくありません。

一方で電子契約は、電子メールで取引先に送ることが可能で、印刷や製本や郵送の手間を省くことができます。業務工程が減って時間短縮することにより、ほかの業務に時間を充てられます。

 

コストの削減ができる

電子契約は印紙税法で課税対象外になっているので、印紙代が節約できます。

そのほかにも製本する必要がないので印刷代も節約できます。紙の契約書は印紙を貼らなければいけませんし、高い金額の契約となれば印紙代も高くなります。

大きな契約や契約本数が多い会社にとって、印紙代の負担が大きいのは悩みの種ではないでしょうか。電子契約はコスト削減にも大きな役割を果たしています。

 

 

まとめ


今回は、電子契約の普及率や普及した背景をご紹介しました。年々電子契約の普及率が上がってきています。電子契約を導入することで、さまざまな手間を省くことができるだけでなく、印紙代等のコスト削減も期待できます。

セキュリティ面でも安心なこともメリットとして挙げられます。これからも電子契約の普及はますます進んでいくでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA