【今さら聞けない】電子サインと電子署名って何が違う?

テレワーク関連ツール

コロナ禍によりテレワークが普及していることもあり、「脱ハンコ」の流れが進んでいます。テレワークにより出社することがなくなった今、実際に印鑑を押す「押印」の代わりとして注目されているのが電子契約です。

 

電子サインとは?


電子契約では、書面契約で押印する印鑑の代わりに電子サインが用いられています。

PCやタブレット、スマートフォン上に表示されたPDF文書などに名前を入力したりタッチペンや指などで入力したりするという方法が印鑑の押印にとって代わるわけです。このように、「確かに本人です」という証拠になる電子的な確認方法は電子サインと呼ばれています。

電子サインは紙にペンなどで記入する実際のサインと同等の法的効力を持っており、今やオンライン上での商取引には欠かせないものとなっています。請負書や注文書、契約書など、オンラインで交わす簡単な取引や契約には多く取り入れられています。

また、電子サインは実店舗でも行われるようになっています。店舗でクレジットカードを使って買物をする際の決済時や生命保険などの契約時、タブレット端末などの画面上でサインを行なったという方もいるでしょう。

 

電子署名とは?


電子サインと似たような言葉として電子署名という言葉があります。この二つを同じように使っている方はいらっしゃるかもしれません。ただ、厳密に言えば両者は異なっています。

電子署名とは、紙の契約書におけるサインや印鑑と同等に効力のある署名方法のことです。電子文書に対して電子署名で署名を行うことで、その文書は間違いなく署名者本人のものであること。そして、内容が改ざんされていないことを証明してくれるようになります。

というのも、電子署名は電子署名法(電子署名及び認証業務に関する法律)によって法的拘束力が認められているからです。電子署名法によって定められた要件を満たしていれば、電子署名された電子文書は「本人の意思に基づいて作成されたものと推定」されると規定されています。

 

電子サインと電子署名の違いとは?


同じ意味で使われることも多い電子サインと電子署名ですが、広い概念では言えば電子署名も電子サインの一種だといえます。いわば、電子サインという枠組みの中に電子署名が含まれるという認識だと考えておけばよいでしょう。

電子署名は電子署名法に基づいて法的な真正性を証明するための手続きがなされます。「契約者間の負担や手間の少なさを重視する簡易な署名の場合」には電子サイン、「より本人性の担保やガバナンスを求める契約の場合」には電子署名と使い分けることができます。

 

電子署名には改ざんが困難な電子証明書が発行される

電子署名に対しては、第三者機関である電子認証局が厳格に本人確認を行った上で電子証明書が発行されます。同時に電子証明書には「いつ電子的に署名されたのか」という日時が証明されるタイムスタンプが押されます。

タイムスタンプとは、署名が交わされた時間にはその契約書が存在していて、それ以降は改ざんできないと証明するための仕組みです。ただ単に日時が記録されるだけでなく、その日時の信頼性は時刻認証事業者により担保されます。

その結果、契約者がその契約書の内容を承諾したことを確認するという本人性の確認と、その契約書が改ざんされていないことを証明するという同一性の証明がなされ、法的な真正性が担保されるわけです。

一方、電子サインの本人性の確認は、メールアドレスやパスワード、IPアドレスなどで利用者本人がサインをしたということを確認します。

これはメール認証方式と呼ばれますが、この方法でも本人性の確認はなされます。また、店舗などで行われているタブレット端末の画面上にサインする際は電子証明書なしで実施していますので、電子サインだといえます。

ただ電子サインは、サーバーから情報が流出したりメールアドレスを乗っ取られたりするなど、セキュリティ上の脆弱性の問題で改ざんされる可能性もあります。そのため、法的な観点から見ても効力は弱いといえます。

その点、電子認証局が発行したタイムスタンプは改ざんができず、電子署名の信頼性は電子サインと比べて高いといえます。そのため電子署名は、重要な契約や手続きにおいて使用されています。紙文書で契約する際に押印する実印と同じように考えておけば、間違いありません。

 

 

まとめ


テレワークの導入により、紙の契約書に印鑑を押印するのではなく、デジタルデータの契約書に電子サインや電子署名をすることが増えています。

電子サインと電子署名を混同する方もいますが、「契約者間の負担や手間の少なさを重視する簡易な署名の場合」には電子サインを、「より本人性の担保やガバナンスを求める契約の場合」には電子署名と使い分けましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA