bellFaceは一般的なWeb会議ツールと何が違う?

Web会議ツール

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークやオンライン商談が当たり前のように行われるようになってきました。それと同時にオンライン商談用のツールやビデオ会議用のツールにもさまざまな特徴や機能を持ったものが出てきて、各社しのぎを削っています。

 

今回は、そんなビデオコミュニケーションツールの中の一つであるbellFaceについてご紹介していきましょう。

 

bellFaceとは


bellFaceとは、ベルフェイス株式会社が提供する、特にオンライン商談に特化した機能が備わったビデオコミュニケーションツールのことです。

 

bellFaceはオンライン商談に特化したツール

新型コロナウイルスの影響でSkypeやZoomのようなオンライン会議用のツールが賑わいましたが、こういったツールの多くはソフトウェアを通話する両者のコンピューターにインストールする必要があります。しかしオンライン商談を行う際に、「このツールのインストールをお願いします」なんて顧客に依頼するのは煩わしいですし、「面倒なので電話で良いですか?」なんて言われてしまう可能性だってあります。

 

一方のbellFaceはアカウント登録の必要もなく、ほとんどのPCに入っているブラウザ上でビデオ通話が可能であるため、スマートフォンからアクセスすることも可能で、すぐに商談を開始することが可能なのです。

 

議事録や録音・録画機能も搭載されている

bellFaceは議事録機能やトークスクリプト表示機能、プレゼンテーション機能のようなオンライン営業を行ううえで便利なさまざまな機能が搭載されています。このためオンライン商談のクオリティを向上させることが可能です。

 

 

bellFaceの特徴とは


bellFaceにはさまざまな機能が備わっており、他のビデオコミュニケーションツールと比べた場合のメリットやデメリットもあります。以下ではbellFaceの特徴についてご紹介していきます。

 

「営業」に特化した嬉しい機能がある

繰り返しになりますが、bellFaceは他のツールと比較したときに「営業に特化したツールである」ということができるでしょう。bellFaceを利用する場合には、顧客にbellFaceのホームページから接続番号を発行してもらい、その接続番号を顧客から教えてもらうことで商談を開始します。このため、顧客に電話をかけ、相手にbellFaceのホームページから接続番号を発行してもらい、その接続番号を管理画面上から入力するという簡単なフローで商談を開始することが可能なのです。

 

また、議事録やトークスクリプト表示機能を利用することで、クロージングトークのクオリティを向上させたり、資料を用いた顧客への説明もスムーズに行ったりすることが可能です。

 

採用活動やオンラインセミナーにも活用できる

顧客とのオンライン商談だけでなく、採用活動やオンラインセミナーにも便利なこともbellFaceの特徴の一つです。bellFaceは双方のアカウント登録やツールのインストールを行う必要がなく、どちらかがbellFaceと契約しておけば利用することができるため、不特定多数の人達とビデオ通話を行うのに最適だといえるのです。

 

bellFaceの機能とは


bellFaceはさまざまなオンライン商談に便利な機能を搭載しています。以下ではその便利な機能について詳しくご紹介していきます。

internet security and data protection concept, blockchain and cybersecurity

名刺プロフィール

bellFaceでは、通話中の相手に名刺プロフィールを表示させることが可能です。商談の場ではもはや礼儀になっている名刺交換の代わりとして利用することが可能です。

 

共有メモ

双方の認識合わせのための議事録機能も搭載されています。商談中に決定した内容や文書データとして残しておきたい情報を議事録とすることが可能であるため、商談後のアフターフォローまでしっかりと対応することが可能です。

 

レコログ機能

オンライン商談の内容をボイスメモとして残すことが可能ですので、「言った言っていない」のトラブルを回避することも可能です。

 

プレゼンテーション機能

リアルの商談では資料を持参してそれに基づいて話を進めることは多いと思いますが、これをbellFaceの通話画面上で資料を表示することが可能です。

 

トークスクリプト機能

営業マンのカンニングペーパー代わりのトークスクリプト表示機能も搭載されているため、営業トークの品質を共通化することも可能です。

 

共有メモ

通話中の相手とテキストベースの情報を共有することも可能です。口頭ベースでは伝えにくいURLや引用などを伝えるときに便利です。

 

 

 

まとめ


今回は、オンライン商談や採用活動を行う際に便利なビデオコミュニケーションツール「bellFace」についてご紹介してきました。bellFaceは他のビデオコミュニケーションツールと比べてオンライン営業に特化したツールでありますが、社内コミュニケーション用にも利用することが可能なので、商談メインでのビデオコミュニケーションツール導入を検討している方はbellFaceを利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA