【タスク管理】TeamHackでは何ができる?

タスク管理ツール

仕事を効率的に進めていくうえでやるべきことは多々ありますが、そのなかでも重要なものとしてタスク管理があります。今回は、タスク管理とはどういったものか、そして、タスク管理に効果を発揮するTeamHackについてお伝えします。

タスク管理とは


タスク管理とは、個人もしくはチームとして行う仕事を細分化したうえで、それぞれに優先度をつけ、進捗状況を管理するものです。ではなぜ、仕事を効率的に進めるためにタスク管理が重要なのか、その理由としては次のような点が挙げられます。

 

やるべきことの優先度が明確になる

例えば、翌日、会議をやることをタスクとする場合、そのための仕事を細分化すると、

・会議室の予約

・参加者への呼びかけ

・会議で使用する資料の作成

・参加者へ事前に資料を配布

などとなります。こうして細分化すれば、会議をスムーズに実施するにはまず、何から手をつけるべきかが明確になるうえ、やり忘れといったミスも軽減されます。

 

仕事の属人化を防げる

前述した会議のような頻繁に行う仕事は、一度、タスクとして作成してしまえば、次回以降はそれを参考に仕事の割り振りができるようになります。これにより、業務手順に関しては、誰がやっても同じように進められるようになり、業務の属人化防止も可能です。

 

進捗状況が視覚化されマネジメントがしやすくなる

タスク管理は基本的に期日が決まっている仕事を細分化して管理します。これをきっちりと行なっていれば、上司が仕事の進捗状況を一目で把握でき、期日に間に合わないと判断すれば早めの対応が可能になり、納期遅れを防げます。

 

 

 

TeamHackの機能とは


業務効率化を果たすうえでさまざまなメリットを生むタスク管理。しかし、現在、ビジネスではさまざまなツールを使っているため、複数のツールを使い分け、さらにタスク管理も行うとなると、かえって非効率になる場合もありえます。そこで、そうしたリスクを避けるためにおすすめのタスク管理ツール、TeamHackをご紹介します。具体的な機能は次のとおりです。

効率よくタスク管理を行う機能

TeamHackには、タスクごとのチャット機能、プロジェクトごとのドキュメント×チャット機能が備えられており、チャットやドキュメントを別途ツールで閲覧しながらタスク管理を行う手間を軽減します。

また、タスクは、作業者・完了予定日・担当者・レビュー担当者・予定作業時間を入力するだけで登録可能です。さらに、作業が完了したら1クリックでレビュー担当者へレビュー依頼ができるため、スムーズな作業が実現します。

 

タスクの進捗状況を視覚化する機能

タスク管理で重要なポイントとなる進捗状況の可視化。これもTeamHackなら一目で確認できる次のような機能が揃っています。

・時間計測機能

タスクごとの作業時間を1クリックで計測、一目で確認できる機能

・作業工程の達成度表示機能

登録したタスクが現時点でどこまで終了しているかをグラフにして表示する機能

・期限切れタスク通知機能

期限を超過してしまったタスクがあれば、進捗状況グラフの右側に炎上アイコンが付き、期限切れを知らせてくれる機能

 

複数プロジェクト一括管理機能

TeamHack1つあれば、タブをクリックするだけで切替可能な複数プロジェクト管理機能があります。これがあれば、タスクごとの管理で漏れが出てしまうリスクを防げるうえ、すべてのプロジェクトの進捗状況も一目で確認可能です。

 

まとめ


少子高齢化の影響もあり、多くの業種で人手不足が恒常化している今、限られた人材で生産性を向上させるには、業務効率化が欠かせません。そして、業務効率化を実現するうえで、必ずやるべき作業がタスク管理です。ただ、タスク管理自体に手間がかかると意味がないため、今回ご紹介したTeamHackを活用したタスク管理の効率化が、結果として業務効率化、生産性向上につながっていくのではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA