PBXっていったい何?

テレワーク商品紹介

ビジネスで電話が果たす役割はいまだに重要な位置を占めています。そこで、今回は、テレワークの普及にも欠かせないビジネスフォンの重要な機器、PBXについて、その概要や種類、そしてPBXの選び方をお伝えします。

 

PBXとは


ビジネスフォンは、一般家庭の固定電話とは異なり、さまざまな機能を持っています。そしてそれらほとんどの機能を実現するのがPBX(プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)です。

このPBXとは、複数の電話機を統合するためのシステム、いわゆる電話交換機で、具体的には次のような機能があります。

・外線との発着信の制御

顧客や取引先から電話がかかってきた際、まず、PBXにつながり、内線に振り分けます。また社内から発信する際もこのPBXを通して外線につなげます。

・着信、発信制御

最初に契約した電話番号を親番号とし、回線を共有した別の番号を子番号として追加します。また。発信の際は、電話番号によって通話料の安いプロバイダーを選択するLCRと、あらかじめ決まったプロバイダーを選択するACR機能があります。

・内線通話

PBXでつながれている電話同士で内線通話を行えます。東京と大阪など離れた場所であっても、各拠点にあるPBXを専用回線で接続すれば内線として使用可能です。

・スマートフォンへの転送機能

顧客や取引先からかかってきた電話を一旦保留し、外出中もしくはテレワークをしている社員のスマートフォンに転送可能です。この場合、会社の電話とスマートフォンは内線通話となり、電話料金は無料で扱えます。ほかにも通話中の際、ほかの機器へ転送する機能、応答遅延機能などさまざまな転送機能があります。

・パーク保留機能

着信した電話を保留した後、別の電話機でその保留を引き継ぎます。AさんがBさん宛ての電話を取った際、一旦保留し、Bさんの電話に引き継ぐといった使い方が可能です。

 

これらの機能はすべて、ビジネスフォンがあればできるのではないかと思われるかもしれません。しかし、種類にもよりますが、PBXとビジネスフォンには次のような違いがあります。

 

屋外での内線利用

PBXの機能として、外出先やテレワーク中の社員が持つスマートフォンも内線化できるとしましたが、ビジネスフォンは、屋外での内線利用は基本的には行えません。また、一部のPBXでは海外での利用も可能です。

 

接続可能な端末

ビジネスフォンが接続できる端末は、固定電話機もしくはコードレスです。これに対し、PBXが接続可能な端末は、スマートフォン、パソコン、固定電話機、コードレスなど多岐にわたっています。

 

電話機の接続台数

一般的なビジネスフォンの接続台数は、最大でも数百台ですが、PBXは、数千台の接続も可能です。これにより、PBXが1つあれば、全国各地の拠点を内線ネットワークでつなぐこともできます。

 

 

 

PBXの種類


ひと口にPBXといってもその種類は一つではありません。具体的には次のようなものがあります。

たくさんのアルファベット

レガシーPBX

ビジネスの場で、1890年代から使われていたもっとも古いPBXです。一つの電話回線だけで複数の電話機を共有するという機能は現在でも変わりません。基本的にオフィスがある建物内にPBXの主装置を設置し、電話線同士を接続。その電話線に電気信号を流して通信を行います。

 

IP-PBX

IP電話機を使い、従来のPBXと変わらない機能を実現するPBXです。インターネット回線を使い、内線通話システムを構築するため、拠点ごとにPBXを設置する必要はなく、導入コストを抑えられるメリットがあります。

IP-PBXには、機器としてオフィスに設置する従来あるハードウェアタイプに加え、現物はなく、オフィスにあるサーバーにインストールするソフトウェアタイプの2種類があります。

 

クラウドPBX

クラウドPBXは、IP-PBX同様、インターネット回線を使ってPBXの機能を実現しますが、IP-PBXと異なるのは、オフィス内や自社のサーバーに設置、もしくはインストールするのではなく、クラウド上に設置されている点です。クラウドサービスの一つであるため、自社で管理、メンテナンスを行う必要がないのが大きなメリットです。

 

 

PBXを選ぶコツとは?


新たにPBXを導入、もしくは入れ替え時にレガシーPBX、IP-PBX、クラウドPBX、この中からどれを選択するべきでしょう。そのポイントは、従業員数や利用目的、拠点数の多さなど複数の選択肢が考えられますが、今後、在宅勤務やモバイルワークなど、テレワークを前提とするのであれば、IP-PBXかクラウドPBXの二択となるでしょう。

管理、メンテナンスコストまで考え、より安く導入・運用するのであれば、クラウドPBXが適しています。しかし、セキュリティ面を考慮すれば、社内網で保護された環境で利用できるIP-PBXがおすすめです。

 

 

 

まとめ


新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、今後、多くの企業でテレワークは一つの働き方として定着していくでしょう。そうした際に従来のPBXでは不便な面も出るため、あとはコストやセキュリティ面で検討し、IP-PBX、クラウドPBXどちらかの選択が現実的でしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA