オンライン飲み会におすすめなイヤホンは何?

オンライン飲み会便利グッズ

イヤホンの種類


代表的なイヤホンの種類を紹介します。

 

ヘッドホン型

「ヘッドホン型」のイヤホンとは、いわゆるヘッドホンの形状をしたイヤホンになります。さらにヘッドホン型は開放型と密閉型の2種類に分かれますので、用途に応じて最適なものを選ぶことが可能です。インパクトのある大型のものからコンパクトなものまでサイズもさまざまあります。また、マイクが付いている場合は、口の周辺まで突き出すタイプのものが多いです。

 

カナル型

「カナル型」のイヤホンは、耳の中に挿入するタイプのものです。イヤホンが耳の中に入るため、遮音性が高い点が特徴です。安価な商品が多くスマホなどに付属されているケースもある一方で、AppleのAirPodsのように高価なものもあります。

 

ネックバンド型

「ネックバンド型」のイヤホンは、首にぶら下げたネックバンドからケーブルで接続されたイヤホンを装着するもので最近増加傾向にあります。他のイヤホンのように頭に付ける必要がないので、髪型が崩れない点もメリットです。マイクはヘッドセット部分の先端にあるものが多くなっています。

 

耳掛け型

「耳掛け型」のイヤホンは、片方の耳だけで使用するイヤホンです。当然ながら、イヤホンをしていない側の耳で外部の音を聞くことができます。そのため、作業をしながら電話をする肉体労働者や長距離トラックの運転手などに利用者が多いです。

 

各イヤホンの特長・機能


イヤホンのタイプによってもそれぞれ特徴が異なりますので、選択時の参考にするため確認しておきましょう。

 

ヘッドホン型の特徴・機能

ヘッドホン型イヤホンの価格は、数千円程度な廉価のものから高いものになると何十万円のものもあります。最近のモデルであれば、ほとんどのものがBluetoothに対応していますが、マイクは付いていないものが多いです。ただし、ゲーミングヘッドホンであればマイク付きの商品も多いので、オンライン飲みの場合はそちらを選択したほうがよいでしょう。なお、音質は値段によって大きく異なりますが、開放型と密閉型でも差があります。

開放型は音に広がりがあり高音が伸びるのが特徴で、密閉型は遮音性が高く低音が響くため迫力ある音質が特徴です。

 

カナル型の特徴・機能

カナル型のイヤホンの価格は2,000円~5,000円程度の商品が多く、高いものでAirPodsのような数万円程度のものになります。ほとんどの商品がBluetoothに対応していますが、廉価な商品だと未対応のものも多いです。カナル型イヤホンは一見するとマイクが付いていなさそうなイメージがありますが、2,000円程度の価格帯でもマイク付きの商品が多くあります。音質に関しては、密閉性が高く低音や細かい音までハッキリと聞こえる点が特徴です。

 

ネックバンド型の特徴・機能

ネックバンド型イヤホンの価格は数千円程度のものが一般的ですが、中には1万円以上する商品もあります。多くの商品がBluetoothに対応しており、マイク付きのものがほとんどです。音質に関しては価格やモデルによって大きく異なりますが、耳の中に入れて聞くタイプになるのでカナル型に近い音質といえるでしょう。

 

耳掛け型の特徴・機能

耳掛け型のイヤホンは、3,000~5,000円の商品が多く、高いものでも30,000円程度となっています。ほとんどの商品がBluetoothに対応しており、マイク付きのものがほとんどです。音質については片方の耳でしか聞こえないこともあり雑音が入るケースが多いので、クリアな音質を求める場合はノイズキャンセリング機能付きのものを選ぶようにしましょう。

 

オンライン飲み会におすすめなイヤホン


最後に、オンライン飲み会のお供に最適なおすすめイヤホンを、種類ごとに紹介します。

 

ヘッドホン型のおすすめイヤホン

ヘッドホン型イヤホンでおすすめなのが、ゼンハイザー の「VoIP PC 3.2 CHAT」です。6,000円程度の価格でありながら、ノイズキャンセリング機能も備えた本格的な商品になっています。また、デザインもシンプルで誰にでも使える点もメリットといえるでしょう。

 

カナル型のおすすめイヤホン

カナル型イヤホンのおすすめが、ハイユニットの「HSE-A1000PN」です。こちらのイヤホンはロックバンド「凛として時雨」のドラマーである「ピエール中野」さんがチューニングを手掛けた逸品で、通称「有線ピヤホン」と呼ばれる商品になります。イヤホンマニアでもあるピエール中野さんがチューニングした音質は、とても1,700円とは思えない音質だとネットでも話題になっています。

 

ネックバンド型のおすすめイヤホン

ネック型のおすすめイヤホンは、Premium Styleの「PG-BTE4S03」です。4,000円程度の価格にも関わらずBluetooth対応で、重さ20gと超軽量なので長時間着けていても疲れません。また、マイクも付いているのでオンライン飲み会だけでなくテレワークにも最適です。

 

耳掛け型のおすすめイヤホン

耳掛け型のおすすめイヤホンは、QCYの「MINI2BK」です。MINI2BKは1,980円という低価格でありながらも、ノイズキャンセリング機能が搭載された本格的な商品になります。また、生活防水機能も備えているのでアウトドアなどにも最適です。クールでシックなデザインなので、耳掛け型にありがちなオッサンくささを感じさせないのもうれしいところでしょう。

 

まとめ


一口にイヤホンと言っても、さまざまな種類のものがあることが分かってもらえたかと思います。ぜひ、お気に入りのイヤホンを見つけて、オンライン飲み会をさらに満喫しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA