Googleが提供しているGoogleMeetって何?

Web会議ツール

新型コロナウイルスの対策としてテレワークの導入が進んでいます。これに伴い、対面の会議をWeb会議に変更したという企業も多いと思います。

一方で、

「Web会議を導入するためには、何が必要なの?」

「どんなツールが自社に合っているのか分からない」

「セキュリティ面が心配…」

このようなお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。何もわからない場合だとなんとなく聞いたことがあるツールを選んでしまいがちです。しかし、ツールごとに特徴は異なるため、導入の際は自社にあるのかどうか慎重に検討しなければなりません。

そこで本記事では、「Web会議ツール」について取り上げ、Web会議に関するツールについてご紹介をしたいと思います。

Web会議ツールとは


Web会議ツールとは、アプリなどを通して遠隔の相手とインターネットを介してビデオ通話でのやりとりができるコミュニケーションツールです。

電話でもコミュニケーションは取れますが、カメラがあることで相手の表情を確認しながらコミュニケーションが取れる点がいいと言われています。

Web会議ツールを選ぶポイント3点

  • セキュリティ機能

会議では社外秘の情報も多くやりとりされます。遠隔地とネットワーク上で音声・資料の画面共有などを行うので、セキュリティ対策はしっかり行うのがベストだと言えます。インターネット回線を利用してWeb会議システムを利用する場合は、通信が暗号化されるものがいいでしょう。

  • 参加可能人数

大人数での会議がある場合は、参加可能人数を把握しておく必要があります。

少ないものだと5人以下まで、多いものだと100人以上対応できるものもあります。自身の会社の会議を想定したうえで、Web会議ツールを選ぶようにしましょう。また、参加人数によって料金プランが変わることもあるのでチェックが必要です。

  • 導入のしやすさ

アプリのダウンロードが必要なものやアカウント登録が必要なものがあります。簡単なものの中には、アカウント登録が不要なものやURLを発行するだけで会議が始められるものもあります。

ツールを選ぶ際には、手間がかからずスムーズに始められるかを確認しましょう。

代表的なWeb会議ツールには、ZoomやSkype、Google Meet、Microsoft Teamsなどがありますが、今回は、総合的に評価が高く、私自身が日々使用しているGoogle Meetに関して解説していきます!

 

Google Meetとは


Google Meetとは、Googleが提供しているWeb会議ツールです。Googleアカウントを持っていれば誰でも使用できます。GoogleカレンダーやGmailを使用している方には特におすすめです。

Google Meetの特徴

  • 高品質なWeb会議

Google Meetはネットワーク速度に応じて設定が自動調整できるようになっています。また、AIの機能が加わっているため、暗い場所や騒がしい場所でも使用できます。

  • 直接会議に参加できる

Googleカレンダーから直接会議に参加できます。カレンダーで予定を入力しておけば、スケジュール管理と同時にミーティングも行えます。

日ごろからGoogleカレンダーを使う方にはすごく便利なものとなっています。

  • 画面レイアウトを選択できる

「自動表示」、「タイル表示」、固定表示中の画面・発言者の参加者を全体に表示する「スポットライト」、「サイドバー」という表示方法が選べます。

  • ライブ配信が可能

G Suite Enterprise Essentialsプランに限りますが、ライブ配信が可能となっています。

他のWeb会議ツールとの大きな差はカレンダー経由でミーティングに参加できる点だと思います。社内ミーティングでは特に便利ではないでしょうか。

 

Google  Meetの料金プラン

Google Meetには3つの料金プランがあります。

1.無料プラン

常時無料プラン

会議の長さ:1時間(2020年9月30日までは24時間)

参加人数:100人

会議の回数:無制限

 

2.G Suite Essentialsプラン

アクティブユーザーあたり10米ドル/月

(2020年9月30日までは無料)

会議の長さ:300時間

参加人数:150人

会議の回数:無制限

 

3.G Suite Enterprise Essentialsプラン

アクティブユーザーあたり2 0米ドル/月

(2020年9月30日までは無料)

会議の長さ:300時間

参加人数:250人

会議の回数:無制限

詳細はプランごとに異なるので、自分に合うものを吟味してみるといいと思います。

 

 

まとめ


テレワークを行う際にはWeb会議ツールは必須になります。Web会議ツールを選ぶ際に参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したGoogle MeetはGoogleアカウントを持っている方には特におすすめです!

自社に合った機能や特徴を踏まえて、Web会議ツールを導入し、テレワークを効率よく行いましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA